婦人

ボトックス副作用を知ろう|知識を得ることが大切

  1. ホーム
  2. 失敗のリスクを減らそう

失敗のリスクを減らそう

カウンセリング

正しい知識を身に付ける

ボトックス治療は美容クリニックでは人気の高い施術で、眉間や目尻、額のシワ改善に効果があります。エラやふくらはぎに注射すると、小顔効果や脚痩せ効果もあります。メスを使う整形手術に比べるとリスクは少なく、さまざまな症状の治療に活用できる点がメリットですが、治療である以上は何らかの副作用が生じる可能性があります。ボトックス治療の一般的な副作用は注射部位の痛みや内出血などがあります。これらの症状は一時的なものなので時間が経つと目立たなくなり、細い注射針や表面麻酔を使用して症状を軽減してくれるクリニックもあります。ボトックスは筋肉を麻痺させる作用があるので、部位によっては薬剤の量が多すぎた場合、注入部位以外の筋肉が動かなくなることもあります。額にボトックスを注射した場合は、まぶたが開きにくくなる眼瞼下垂の症状が現れたり、表情筋の動きが弱まったりするので、表情のこわばりを感じることもあります。眼瞼下垂になると視界が悪くなるなど不具合が生じます。元々眼瞼下垂の症状がある方だと悪化するリスクもあります。ボトックスの効果は半永久的なものではないので、半年〜1年ほど経てば元に戻りますが、このような失敗を回避するには、施術を担当する医師には解剖学の豊富な知識や技術が必要になってきます。手軽にシワ改善や小顔効果が得られるボトックス治療ですが、事前に正しい知識を身に付けてから施術を受けることで失敗や副作用などのリスクを回避することができます。ボトックスは安価な類似製品も出回っており、厚生労働省の承認を受けていない薬剤を使用しているクリニックもあります。正規品よりも薬剤が広範囲に広がるので、薬が効きすぎてしまい、眉毛が下がったり、まぶたが重くなったりするといった副作用が起こる可能性があります。また、類似製品のなかには抗体ができやすくなるものもあり、その薬剤で注射を打ち続けることで効果が弱まってしまうのです。正規品は厳しい管理下で製造されている安全性の高い薬品です。ボトックス治療を受ける際はクリニック選びが重要で、安全性の高い薬剤を使用しているクリニックかどうかを見極めることが必要です。また、ボトックスの管理や保管状態によっては薬剤の品質が劣化することもあります。品質が劣化したものは効果が弱くなるので、施術を受けたのに思ったような効果を感じられないこともあります。クリニックを選ぶときは、口コミなどは安易に信用せずにホームページで確認するなど、自分の目で信頼できるクリニックかどうか確かめるようにしましょう。